スクールブログ

ネイリストへの転職に必要な6つの心得

ネイリストは資格を取得し技術の向上をして技を磨けば、長く働くことができる職業です。
ただ転職をするとなると不安な面や気がかりな面も多く、なかなか一歩を踏み出せない人も多いのではないでしょうか。

今回は「ネイリストになろう」と転職を考えている人に必要な心得とは何か、解説していきます。

ネイリストへの転職に必要な心得(精神面)

1.目標を明確に持つ

ネイリストになってどうなりたいか、何をしたいか、目標をきちんと持ちましょう。

2.明るく健康で前向きな心

ネイリストも身体が資本です。お客様に明るく接することができる人柄が大切です。

3.流行や新しい技術に敏感で、技術向上に努める

日々流行は変化します。新しいことに取り組む向上心と努力が出来ることが大切です。常に流行には敏感でいるよう心がけましょう。

ネイリストへの転職に必要な心得(準備)

4.信頼出来るネイルスクールをしっかり選ぶ

スクールに通ってみたものの、思うように技術習得できない。検定試験になかなか合格できない。といった事にならないよう、比較検討してご自身に最適なネイルスクールを選びましょう。

5.資格や検定をしっかり取得する

ネイルサロンへ就職する為には、ネイリスト検定2級とジェルネイル検定中級は最低でも必要です。出来る事ならネイリスト検定1級、ジェルネイル検定上級まで取得したいところです。

6.現場で働く人のリアルな声を聞いておく

華やかな世界のように見えて大変なことも多いです。友人や知人、ネイルスクール講師などに生の声を聞き、ネイリストという仕事についてチェックしておきましょう。

これから求められるネイリスト

ネイルの普及により、多くの女性が気軽にネイルをする時代になりました。年齢層も幅広く、お客様が求めるニーズも多様化しています。これからのネイリストはあらゆる世代に対応できる接客技術と、豊富な技術力が求められています。

自分でしっかりと技術の向上に努めていくことは大切で、そのための自己投資やスキルアップは必要になってきます。大変なことも多いですが、やればやるだけ自分にやりがいや喜びという形で返ってくる職業とも言えますね。

ネイリストになりたい、という夢は自分の努力で叶えることが出来ます。しっかりと事前準備をしてネイルを職業とする喜びを感じて欲しいです。
最初は大変なことも多いと思いますが、努力次第で道は開けます。夢への一歩を踏み出してみましょう!